不動産売却をするなら|地域密着型の不動産会社に相談しよう

定期的な見回り

空き部屋

様々な事情により、空き家となってしまうケースがある。空き家はその家を保有しているのみで税金がかかってしまったり、さらに長期間誰も使用しないことで家の劣化が進み、使用することもできなくなってしまう。空き家をいずれ活用するという場合には、管理を行い維持していく必要がある。空き家の維持管理を行いたい場合、利用できるものとして空き家管理のサービス活用がある。管理サービスでは、業者にどのような内容で管理してもらうかのサービスを選択し、契約することで管理を委託することが可能になる。そのサービス内容は、定期的に窓開けを行い空気入れ替えを行ってもらうことや、清掃を行ってもらうことなどもできる。また、これらに加え定期的に巡回してもらい、家の状況を知らせてもらうことなどもできる。特に遠方に空き家を保有している場合、見回りなどを行うことが難しくなるため、業者に代行して見回りをしてもらうことで安心して保有することができる。巡回してもらった際には、業者から家の状況の連絡をメールなどで知らせてもらうことができるなど、常時家の状態を把握できる。これらの空や管理では費用が必要になるが、定期的な巡回程度であれば月に3千円程度など比較的低価格で管理してもらえる業者もある。清掃などより維持を十分に行ってもらう場合には、それらの費用も併せてかかるということが多くなっている。空き家の今後の活用の仕方により、サービス内容を選ぶことがポイントである。

Back to Top